ねじ(ネジ)・ナット・ワッシャーの製造・販売 宇都宮螺子
ねじ(ネジ)・ナット・ワッシャー・ボルトの特注品の製造・販売。規格品にも対応。
contact
トップ > よく分かるねじ >ボルト類/フランジボルト

フランジボルト

別名 フランジ付き六角ボルト
英語名 hexagon flange bolt
中国語 凸缘螺栓
JIS JIS B 1189
フランジボルト

*ここでの別名・英語・中国語名共に一般的な名称ですが、使われ方が違う場合もありますのでご注意下さい。


フランジボルトの特徴

フランジボルトはその名称の特徴でもあるフランジと呼ばれる円錐形のつばがと頭部の凹みが特徴でJIS上の正式名称はフランジ付き六角ボルトと呼ばれています。

フランジボルトは規格上は1種と2種という種類がありますが現在使用されるフランジボルトはほとんどが2種になります。

フランジボルト2種頭部
フランジボルト2種

フランジボルト(セレート付)頭部裏

また、メーカー規格の中にはフランジの裏側に「セレート」と呼ばれる凹凸を付けている場合もあります。

このセレートは締結時に部材側に食い込みゆるみ止めの効果を持たせることが目的です。

フランジボルトの用途と役割

フランジボルトの写真1
ステンレス製の柵

フランジボルトはフランジナットと同様に座面の面積が大きく、材料に座面が陥没するのを防ぐ効果や緩み止めの効果があります。

同じ用途に六角ボルトに平ワッシャーを組み込む方法もありますが、外観を良くしたい場合にはこのフランジボルトがよく使用されます。

また、見た目以外にフランジボルトを使用されるケースとして作業効率の向上があります。六角ボルトにワッシャーを組み込む作業を連続で行うのは作業効率が悪い上に人の手で行う作業にはどうしても間違いが発生します。

車の部品には数多くのフランジボルトが使用されていますが、車やバイクで使用されるフランジボルトはメーカーで設計された特注品が多いので注意が必要です。

フランジボルトの写真1
バイク

フランジボルトの代表的な規格の寸法(サイズ)

フランジボルト2種(寸法とサイズ)

ねじの呼び径(d) M4 M5 M6 M8 M10 M12 M16
平径(S) 7 8 10 12 14 17 22
対角(e)(最小) 7.74 8.87 11.05 13.25 15.51 18.90 24.49
フランジ径(dk)(最大) 10.5 12 14 17.5 21 25 33
頭部高さ(k)(最大) 4.2 5 6 8 10 11.5 15
呼び長さ(l) 6-25 8-30 8-75 12-80 20-80 40-75 35-55
単位(mm)

*一般に流通しているものは上記サイズ以外にもあります。またJISやISO規格と異なる場合もあります。

通常一般品のフランジボルトを表現する時には「材質」「表面処理」「ねじの種類」「ねじ部の呼び径」「ねじ部の長さ」で表現する場合が多いと言えます(例;「ステン生地フランジボルト4X10」の場合、材質「ステンレス」,表面処理「無し(生地)」「フランジボルト2種」のねじ部呼び径「M4」の長さ(L寸法)「10mm」となります)。


■通販サイト
材質/表面処理 種類
ステンレス/生地 フランジボルト2種 M4〜M10
鉄/ユニクロ フランジボルト2種 M4〜M16
鉄/三価白 フランジボルト2種 M4〜M16