ねじ(ネジ)・ナット・ワッシャーの製造・販売 宇都宮螺子
ねじ(ネジ)・ナット・ワッシャー・ボルトの特注品の製造・販売。規格品にも対応。
contact
トップ > よく分かるねじ > 小ねじ類/バインド小ねじ

バインド小ねじ

別名 バインド
英語名 binding head (machine) screw
中国語名 球面圆柱头小螺丝、接线小螺丝
JIS JIS B1101
バインド小ねじ

*ここでの別名・英語名共に一般的な名称ですが、使われ方が違う場合もありますのでご注意下さい。

バインド小ねじの特徴

バインド小ねじ頭部

バインド小ねじは頭部が台形で上面が丸くなっており、なべ小ねじに比べて少しだけですが頭部の径が大きいのが特徴です。

バインド小ねじはトラス小ねじと同様にナベ小ねじより頭部の径が大きいのですが、逆にトラス小ねじよりは小さい為、なべ小ねじとトラス小ねじの中間のような形状になります。

バインドは英語表記で「bind」と表記され「縁」という意味もあり、トラス小ねじの頭部に縁を付けたような形状と覚えておきましょう。

バインド小ねじ比較


バインド小ねじの用途

バインド小ねじ 写真1
電気ストーブの裏側

バインド小ねじはナベ小ねじ同様一般的な締結に使用する事が多いですが、頭部の直径が大きいので締結した部材の座面の陥没を防ぐ目的でなべ小ねじの代わりに使用される事や、トラス小ねじを使用したいが頭部径が大きいねじを使用できない時にも使用されます。

また、ナベ小ねじとの見た目の違いからデザイン的な目的で使用される事もあります。


コンセントプラグの中の電線を締結するのにもこのバインド小ねじを使用されており代表的な用途といえます。

バインド小ねじ 写真2
コンセントプラグの中

バインド小ねじの代表的な規格の寸法(サイズ)

バインド小ねじ 図面

ねじの呼び径(d) M2 M2.5 M3 M4 M5 M6 M8
頭部径(Φdk) 4.3 5.3 6.3 8.3 10.3 12.4 16.4
頭部高さ(f+k) 1.2 1.5 1.9 2.5 3.1 3.7 4.8
呼び長さ(l) 4-20 5-30 5-40 6-50 8-50 8-60 10-60
単位(mm)

通常一般品のねじを表現する時には「材質」「表面処理」「ねじの種類」「ねじの呼び径」×「呼び長さ」で表現する場合が多いと言えます(例;「鉄ニッケルバインド3×6」の場合、材質「鉄」,表面処理「ニッケルメッキ」「バインド小ねじ」の呼び径「M3」,呼び長さ「6mm」,となります)。


■通販サイト
材質/表面処理 種類
ステンレス/生地 バインド小ねじ M2〜M8
鉄/三価ホワイト バインド小ねじ M2〜M12
鉄/ニッケル バインド小ねじ M2〜M8